ライセンスと登録
Honeycam ライセンスポリシー
Honeycam の登録方法
プロダクトキーを再取得する
Honeycamエディションの比較
Refund Policy
How to unregister Honeycam
機能と技術用語
GIF、WebP、および WebM 形式
APNG format
量子化
FPS (フレーム毎秒)
ファイルサイズを小さくする方法
遷移
ディザの使用
最大録画時間
ディスクスワップの使用
DXGI の使用
編集のヘルプ
/編集/アニメーションテキストを挿入する方法
/編集/アニメーションのchatbubblesを挿入する方法
/編集/アニメーションステッカーを挿入する方法
フォトフレームエフェクトを使用する方法
アニメーションファイル上にテキストを描画する方法
Honeycam Tips
既存のGIFを再GIFとして保存するときの画質の低下を防ぐ方法
Save as the working(current) file name after editing
Honeycam のショートカットキー
トラブルシューティング
オンライン認証に失敗しました
エントリポイントが見つかりません
How to update Honeycam
How to run Honeycam as Admin
WebPは、iPhoneで切断したり、遅く再生されます!





WebPは、iPhoneで切断したり、遅く再生されます!

WebPファイルは、AndroidやPCでよさそうだ、iPhoneで遅くなったりクンギョソ再生される場合があります。 古いHoneycam(v3.37以前)で作られたWebP画像も同じ問題がありました。

しかし、最新バージョンのHoneycamを利用すれば、iPhoneからのWebP再生の問題を簡単に解決することができます。

環境設定(F5キー)のWebP設定では、iPhone互換モードを選択してください。 デフォルトのオプションなので別に設定する必要はありません。 もしこのオプションが見つからない場合は、最新のバージョンに更新してください。

そして既存の保存していた方法で保存をすると、iPhoneにもすっきり再生されるWebPファイルが作成されます。

ただし、この互換モードを使用すると、WebPファイルのサイズが従来よりも大きくなることがあります。

その理由は、iPhoneでもっと効率の圧縮を可能にするframe dispose処理がされたWebPを円滑に再生していないからです。 frame disposeという技術は、アニメーションGIFで使用される技術で画像を小さなブロックに分けて、その前の画像と同様のブロックは、その前のブロックをそのまま使用にする方法です。

画像の一部だけ変化した場合、この方法を使用すると、ファイルサイズをさらに小さくすることができますが、残念ながら、iPhoneのSafariブラウザでは、まだこの方式を効率的に見せてくれない問題があります
iPhone compatible (480 KB)
Without iPhone compatible (463 KB)

上記のサンプルのように、画像の全領域が変化する場合は、iPhone互換モードで保存する場合とそうでない場合の違いが大きくありません。

しかし、以下のサンプルのように、画像がほとんど同じで、一部だけ変化した場合、ファイルサイズの違いが大きく広がることがあります。
iPhone compatible (887 KB)
Without iPhone compatible (185 KB)

Honeycam無料版をダウンロードしてご希望のウムチャルをすぐに作成してください。

   Honeycam をダウンロード   

Honeycamホームページをご覧いただくと、より多様な情報を得ることができます。