ライセンスと登録
Honeycam ライセンスポリシー
Honeycam の登録方法
プロダクトキーを再取得する
Honeycam エディションの比較
返金について
製品登録を削除する方法
ライセンスを追加購入する
機能と技術用語
GIF、WebP、および WebM 形式
APNG形式
量子化
FPS (フレーム毎秒)
ファイルサイズを縮小する方法
遷移
ディザの使用
最大録画時間
ディスクスワップの使用
DXGI の使用
編集のヘルプ
テキストを挿入/編集/アニメーション化する方法
吹き出しを挿入/編集/アニメーション化する方法
ステッカーを挿入/編集/アニメーション化する方法
フォトフレーム効果の使い方
アニメーションファイル上にテキストを描画する方法
Honeycam Tips
GIFとして再保存するときに画像の品質を維持する方法
編集して既存のファイル名で保存する(既存のファイルに上書き)
Honeycam のショートカットキー
すべての設定を保存
トラブルシューティング
オンライン認証に失敗しました
エントリポイントが見つかりません
Honeycamを更新する方法
Honeycam を管理者として実行する方法
アニメーション WebP が iPhone でスムーズに再生されない!
HEVCコーデックインストールは無料で
Honeycamが理由なく終了したとき
動画を開くと Honeycam がクラッシュする





アニメーション WebP が iPhone でスムーズに再生されない!

アニメーション化された WebP ファイルは、Chrome ブラウザーと Android 携帯電話で適切に表示されます。ただし、同じファイルが iPhone でスムーズに再生されないことがあります。 古いバージョンの Honeycam (v3.37 まで) で作成された WebP 画像にも同じ問題があります。

最新の Honeycam を使えば、iPhone でも問題なくアニメーション WebP ファイルを作成できます。

Honeycam 設定 (ホットキー: F5) の WebP 設定で [iPhone と互換性を持たせる] オプションをチェックするだけです。 実際、このオプションはデフォルト設定であるため、何も変更する必要はありません。 Honeycam にこのオプションが表示されない場合は、Honeycam を最新バージョンに更新してください。

[iPhone対応]オプションがオンになっている限り、画像を保存するだけです。 iPhone で問題なくアニメーション化された WebP が表示されます。

ただし、このオプションをオンにすると、WebP ファイルのサイズが大きくなる可能性があります。

これは、iPhone の WebP デコーダが、フレーム処理と呼ばれる一部のフレーム間デコード方法の処理に問題があるためです。 フレーム処理は、アニメーション GIF から使用されています。この方法は、要するに、画像を小さなブロックに分割し、それらを前の画像と比較します。ブロックが前の画像のブロックと非常に似ている場合、そのブロックを保存する必要はなく、「前の画像のブロックを使用する」とだけマークされます。

イメージが一部の部分だけで変化している場合、フレーム処理方法によって多くのバイトを節約できます。残念ながら、iPhone の WebP デコーダはこの方法を適切にサポートしていないため、フレーム処理方法を使用したアニメーション WebP は適切に表示されません。
iPhone compatible (480 KB)
Without iPhone compatible (463 KB)

上記の 2 つのアニメーション化された WebP 画像のファイル サイズは、画像のすべての領域が常に変化しているため、大きな違いはありません。

ただし、画像が小さな領域でのみ変化する以下のサンプルでは、​​ファイル サイズの違いが大きくなります。
iPhone compatible (887 KB)
Without iPhone compatible (185 KB)

Honeycam の無料版をダウンロードして、今すぐお試しください。

   Honeycam をダウンロード   

詳細については、Honeycam のメイン ページをご覧ください。