ライセンスと登録
Honeycam ライセンスポリシー
Honeycam の登録方法
プロダクトキーを再取得する
Honeycam エディションの比較
返金について
製品登録を削除する方法
ライセンスを追加購入する
機能と技術用語
GIF、WebP、および WebM 形式
APNG形式
量子化
FPS (フレーム毎秒)
ファイルサイズを縮小する方法
遷移
ディザの使用
最大録画時間
ディスクスワップの使用
DXGI の使用
編集のヘルプ
テキストを挿入/編集/アニメーション化する方法
吹き出しを挿入/編集/アニメーション化する方法
ステッカーを挿入/編集/アニメーション化する方法
フォトフレーム効果の使い方
アニメーションファイル上にテキストを描画する方法
Honeycam Tips
GIFとして再保存するときに画像の品質を維持する方法
編集して既存のファイル名で保存する(既存のファイルに上書き)
Honeycam のショートカットキー
すべての設定を保存
トラブルシューティング
オンライン認証に失敗しました
エントリポイントが見つかりません
Honeycamを更新する方法
Honeycam を管理者として実行する方法
アニメーション WebP が iPhone でスムーズに再生されない!
HEVCコーデックインストールは無料で
Honeycamが理由なく終了したとき
動画を開くと Honeycam がクラッシュする





FPS (フレーム毎秒)



動画は、フレームと呼ばれる静止画像の連続的な出現です。 また、FPS は Frames Per Second の略で、1 秒あたりにディスプレイに表示されるフレーム数を意味します。 従来の映画業界では 24 FPS のレートが標準であり、ほとんどのビデオ ファイルでは 30 FPS が一般的に使用されています。

Honeycam でビデオを録画するときに FPS を 10 に設定すると、毎秒 10 フレームがキャプチャされます。

FPS が高いほど、ビデオは滑らかになります。 ただし、FPS が高いとファイルのサイズが大きくなる可能性があり、特に GIF 形式では、圧縮率が低いため、その増加はかなりのものです。 アニメーション イメージ ファイルを作成するときは、FPS を 20 以下で 10 程度に設定することをお勧めします。

形式自体の制限により、GIF は 1 秒あたり最大 50 フレームしかサポートしません。 一方、WebP は 1 秒あたり 50 フレーム以上をサポートします。