ライセンスと登録
Bandizip ライセンスポリシー
Bandizip 登録方法
詳細な比較
領収書の受け取り方法
返金ポリシー
Bandizip の登録を解除する方法
Bandizip 有料版の独自機能
パスワードマネージャーの使用方法
アーカイブの修復の使用方法
パスワードリカバリの使用方法
Bandizip を使用してアーカイブ内のイメージをプレビューする方法
アーカイブでマルウェア対策スキャンを使用する方法
機能と技術用語
ここに即時展開
Bandizip で大きなファイルを小さなファイルに分割する方法
Unicode ファイル名の ZIP 形式
ZIPX アーカイブ形式
7z アーカイブ形式
ソリッド圧縮
RAR ファイルを開く方法
ALZ および EGG ファイルを開く方法
高速ドラッグアンドドロップ
マルチコア搭載コンピューターでの圧縮
高速圧縮処理
展開せずにアーカイブを変更する方法
展開せずにアーカイブ内のファイルを開く方法
ファイルを編集してアーカイブに直接保存する方法
アーカイブのパスワードを設定する方法
アーカイブ内のファイル名の暗号化
削除時にファイルをごみ箱に移動
ファイルが別のプロセスで使用されている場合でもファイルを圧縮する
How to use Parallel Extraction
安全バックアップによるデータ破損を防ぐ方法
アーカイブのテスト
展開時にインターネットからダウンロードしたアーカイブのゾーン識別子をコピー
Bandizip のテーマ色を変更する方法
Bandizip の設定をエクスポートおよびインポートする方法
Bandizip のアンインストール方法
アップデートの種類
コマンドライン パラメーター
Bandizip セットアップ コマンドライン パラメーター
ARM 版 Windows 10 の概要
トラブルシューティング
Bandizip をインストールまたは登録できない場合のトラブルシューティング方法
Bandizip の購入に使用したメールアカウントにアクセスできません
文字コード自動検出機能が正しく作動していません
ブラウザーでアーカイブファイルをダウンロードすると Bandizip が自動的に開きます
エクスプローラーでアーカイブのアイコンが正しく表示されません
Bandizip の右クリックメニュー (コンテキストメニュー) が表示されません
How to troubleshoot when a right-click menu (context menu) for Bandizip isn’t displayed properly
Catalina の Mac Finder がエラー 22 で ZIP アーカイブを展開できない場合の解決方法
Mac の Finder で暗号化された ZIP ファイルを展開できない場合の解決方法
パスワードにアルファベット以外の言語の文字を使用する方法
複数のアーカイブをテストする方法
Gmail で実行可能ファイル (.exe) を添付する方法
「パラメーターが正しくありません。」の解決方法
ネットワークドライブでアーカイブを開けない場合の解決方法
分割アーカイブを展開できない場合の解決方法
bdzsfx.x86.sfx がマルウェアとして診断された場合のトラブルシューティング方法
Wine を使用して Linux で Bandizip を実行する方法

〈 ヘルプ

コマンドライン パラメーター

Bandizip (Bandizip.exe) とそのコンソールアプリケーション (bz.exe) は、次のコマンドラインパラメーターをサポートしています:


# Bandizip.exe <archive> 
# Bandizip.exe <command> [<switches>...] <archive> [<files>...] [<path_to_extract>]
# Bandizip.exe <bcommand> [<switches>...] [<files>...]
# bz.exe <command> [<switches>...] <archive> [<files>...] [<path_to_extract>]

<アーカイブ>

設定で指定された操作を実行します。通常はアーカイブを開くだけです。


<コマンド>

a アーカイブにファイルを追加
x フル パスを指定してファイルを展開
t アーカイブの整合性をテスト
d アーカイブからファイルを削除
c 新規圧縮 (または既存のファイルを上書き)
cd [新規圧縮] ダイアログボックスを表示
rn アーカイブ内のファイルの名前の変更
l アーカイブからファイルを一覧表示する (bz のみ)

<Bコマンド> バッチ コマンド

bc 各ファイル/フォルダー名に圧縮します。同じアーカイブ名が存在する場合、アーカイブは "ファイル名 (2)" の書式で作成されます。宛先フォルダーが指定されていない場合、デフォルトの宛先フォルダーは元のファイルまたはフォルダーがある場所になります。
bx 各アーカイブを宛先フォルダーに展開します。宛先フォルダーが指定されていない場合、デフォルトの宛先フォルダーは各アーカイブがある場所になります。
bt 各アーカイブの整合性をテストします。

<スイッチ>

- スキャン スイッチの停止
-l:<0...9> 圧縮レベルを設定 (0:無圧縮, 5:デフォルト, 9:最高)
-r- 再帰を無効 (デフォルト)
-r サブディレクトリの再帰を有効
-aoa 確認なしで既存のファイルをすべて上書き
-aos 既存のファイルの展開をスキップ
-aou 展開ファイルを自動で名前を変更
(例: 「name.txt」は「name (2).txt」に名前変更されます)
-sfx:"stub path" 自己展開形式の作成
(Bandizip c -sfx:"C:\Program Files\Bandizip\bdzsfx.x86.sfx" c:\out.exe c:\src.txt)
-zopfli デフォルトの圧縮に Zopfli を使う
-p:{password} パスワードの設定
-o:{dir} 対象フォルダーを指定
x コマンドとバッチコマンド(bc, bx, bt)のみ
-storeroot:<yes|no> -storeroot:yes ルートディレクトリをアーカイブの最上位フォルダーとして保存する
-storeroot:no Store no top-level folder of archive
-y すべて「はい」
エラーが発生しない場合、タスクの完了時に圧縮(展開)ウィンドウを閉じる
-ex:{list} 圧縮時に除外するファイルのリストを指定します
-ex:hello.txt
-ex:"*.bak"
-ex:"*.bak;*.tmp"
-ex:*\.git
-root:{dir} 圧縮時にアーカイブのルートディレクトリを指定する
(-root:top_folder)
-fmt:{fmt} アーカイブ形式を指定
(zip, zipx, exe, tar, tgz, lzh, iso, 7z, gz, xz)
-v:{size} ボリューム サイズを指定
(-v:1000000 -v:1440k -v:100MB ...)
-cmt:{comment} ZIP ファイルのコメントを設定する
(-cmt:Hello, -cmt:"Hello World!")
-cmtfile:{filepath} ZIP ファイルのコメントとして使用される txt ファイルのパスを指定します
(-cmtfile:mycomment.txt, -cmtfile:"c:\test\my comment.txt")
-t:NN 圧縮時に使用される CPU スレッドの数を指定する
(-t:10, -t:1, -t:0)
-cp:NN ファイルを開いたり展開したりするときに使用するコードページを指定する
(Bandizip x -cp:932 japanese.zip)

利用可能なコードページの例
- Chinese Simplified: 936
- Chinese Traditional: 950
- Japanese: 932
- Korean: 949
- UTF-8: 65001
-target:auto ここで即時展開機能を使用して、ファイルを宛先フォルダーに展開します。
宛先フォルダーが指定されていない場合、ファイルは各アーカイブが存在するフォルダーに展開されます。
-target:name 宛先フォルダーのアーカイブ名のフォルダーにファイルを展開します。
宛先フォルダーが指定されていない場合、ファイルは、各アーカイブが存在するフォルダー内のアーカイブ名のフォルダーに展開されます。
-date 現在のシステム時刻をパスに挿入します。strftime の構文を参照してください。
⁑ Bandizip.exe c -date f:\backup\%Y\%m\Backup%Y-%m-%d_%H-%M-%S.zip c:\source\

<スイッチ> (Bandizip のみ)

-email 圧縮してメール送信
-target:dlg 宛先フォルダーの指定を求めるダイアログボックスを表示し、宛先フォルダー内のアーカイブ名フォルダーにファイルを抽出します。
-o でフォルダーを指定すると、それがダイアログボックスのデフォルトフォルダーになります。

<スイッチ> (bz のみ)

-list:v コマンドlを使用する場合、ファイルの詳細情報を表示します。
-list:s コマンドlを使用する場合、ファイルの名前のみを表示します。
-consolemode:ansi 出力 txt ファイルを ANSI で保存します。
-consolemode:utf8 出力 txt ファイルを UTF-8 で保存します。

アーカイブを開く

Bandizip.exe sample.zip

新規圧縮 (既存ファイルを上書き)

Bandizip.exe c c:\sample.zip c:\src\

Bandizip.exe c c:\sample.zip c:\src1\ c:\src2\

アーカイブにファイルを追加

Bandizip.exe a c:\sample.zip c:\src\sample.txt

Bandizip.exe a c:\sample.zip c:\src\sample1.txt c:\src\sample2.txt

Bandizip.exe a c:\sample.zip c:\src\*.txt c:\src\*.jpg

アーカイブからファイルを削除

Bandizip.exe d c:\sample.zip sample.txt

Bandizip.exe d c:\sample.zip *.txt

宛先パスにアーカイブを展開

Bandizip.exe x -o:c:\dest\ c:\sample.zip

アーカイブにファイルを追加、パスワードを「Passw0rd」に 設定、確認なしで既存のファイルをすべて上書き、ダイアログボックスを閉じる

Bandizip.exe a -y -p:Passw0rd test.zip c:\src d:\src

複数のアーカイブから1つのフォルダーにファイルを展開します

Bandizip.exe bx -o:c:\dst a.zip b.zip c.zip

ここで抽出(スマート)機能を使用して、複数のアーカイブから目的のフォルダーにファイルを抽出します

Bandizip.exe bx -o:c:\dst -target:auto a.zip b.zip c.zip

複数のフォルダー (a, b, c) を各フォルダーの名前 (a.zip, b.zip, c.zip) で圧縮します

Bandizip.exe bc a b c

アーカイブの最上位フォルダーを指定する

Bandizip c -root:top test.zip abc.txt


(bz.exe) 新しいアーカイブを作成する

bz c test.zip test


アーカイブ内のファイルの名前を変更する

abc.txt の名前を xyz.txt に変更する

Bandizip rn test.zip abc.txt xyz.txt

サブフォルダー内の abc.txt の名前を xyz.txt に変更する

Bandizip rn test.zip sub/abc.txt sub/xyz.txt

AAA.txt を XXX.txt に、BBB.txt を YYY.txt に名前変更する

Bandizip rn test.zip AAA.txt XXX.txt BBB.txt YYY.txt

ワイルドカードを使用してファイルを展開する

ファイル名にワイルドカードを使用して、ファイルを展開したり、アーカイブをテストしたりします

Bandizip x *.zip

Bandizip t ABC??.zip

複数のフォルダーを個別に圧縮する

それぞれの名前でフォルダーを圧縮し、宛先フォルダーにアーカイブを作成

Bandizip bc -aoa -o:d:\backup c:\src\folder1 c:\src\folder2 c:\src\folder3

c:\src\folder1 → d:\backup\folder1.zip
c:\src\folder2 → d:\backup\folder2.zip
c:\src\folder3 → d:\backup\folder3.zip