« ヘルプ

コマンドラインパラメーター

# Bandizip.exe <archive> 
# Bandizip.exe <command>  [<switches>...] <archive> [<files>...] [<path_to_extract>]
# Bandizip.exe <bcommand> [<switches>...] [<files>...]

<アーカイブ>
  設定で指定された操作を実行します。通常はアーカイブを開くだけです。

<コマンド>
  a : アーカイブにファイルを追加
  x : フル パスを指定してファイルを解凍
  t : アーカイブの整合性をテスト
  d : アーカイブからファイルを削除
  c : 新規圧縮 (または既存のファイルを上書き)
  cd: [新規圧縮] ダイアログボックスを表示

<Bコマンド> バッチコマンド
  bc: 各ファイル/フォルダー名に圧縮します。同じアーカイブ名が存在する場合、アーカイブは "ファイル名 (2)" の書式で作成されます。宛先フォルダーが指定されていない場合、デフォルトの宛先フォルダーは元のファイルまたはフォルダーがある場所になります。
  bx:各アーカイブを宛先フォルダーに解凍します。宛先フォルダーが指定されていない場合、デフォルトの宛先フォルダーは各アーカイブがある場所になります。
  bt: アーカイブをテスト

<スイッチ>
  -              スキャンスイッチの停止
  -l:<0...9>     圧縮レベルを設定 (0:無圧縮, 5:デフォルト, 9:最高)
  -r-            Disable recursion (default)
  -r             Enable recurse subdirectories
  -aoa           確認なしで既存のファイルをすべて上書き
  -aos           既存のファイルの解凍をスキップ
  -aou           解凍ファイルを自動で名前を変更
                 (たとえば、"name.txt" は "name (2).txt"に名前変更されます)
  -sfx:[{name}]  自己解凍形式の作成
  -zopfli        デフォルトの圧縮に Zopfli を使う
  -p:{password}  パスワードを設定
  -o:{dir}       対象フォルダーを指定
  -y             すべて「はい」
  -fmt:{fmt}     アーカイブ形式を指定
                 (zip, zipx, exe, tar, tgz, lzh, iso, 7z, gz, xz)
  -v:{size}      ボリュームサイズを指定 (-v:1000000 -v:1440k -v:100MB ...)

<スイッチ> (Bandizip のみ)
  -email         圧縮してメール送信
  -target:dlg    宛先パス選択ダイアログを表示
  -target:auto   宛先パス選択一発解凍
  -target:name   宛先パスにアーカイブ名のフォルダーを作成し解凍

アーカイブを開く

Bandizip.exe sample.zip

新規圧縮 (既存ファイルを上書き)

Bandizip.exe c c:\sample.zip c:\src\

Bandizip.exe c c:\sample.zip c:\src1\ c:\src2\

アーカイブにファイルを追加

Bandizip.exe a c:\sample.zip c:\src\sample.txt

Bandizip.exe a c:\sample.zip c:\src\sample1.txt c:\src\sample2.txt

Bandizip.exe a c:\sample.zip c:\src\*.txt c:\src\*.jpg

アーカイブからファイルを削除

Bandizip.exe d c:\sample.zip sample.txt

Bandizip.exe d c:\sample.zip *.txt

宛先パスにアーカイブを解凍

Bandizip.exe x -o:c:\dest\ c:\sample.zip

アーカイブにファイルを追加、パスワードを「Passw0rd」に 設定、確認なしで既存のファイルをすべて上書き、ダイアログボックスを閉じる

Bandizip.exe a -y -p:Passw0rd test.zip c:\src d:\src