〈 ヘルプ

ファイルを編集してアーカイブに直接保存する方法

機能について

ドキュメントファイルが ZIP アーカイブにアーカイブされると、そのファイルをアーカイブで直接開くことができます。 Bandizip は、ファイルを一時フォルダーに抽出し、ファイルタイプに関連付けられたエディターソフトウェア (ワードパッドや MS Word など) を使用して開きます。
ヘルプ » 展開せずにアーカイブ内のファイルを開く方法



ファイルを編集して保存し、エディターを終了できます。Bandizip は、アーカイブのコンテンツの変更を検出し、次のようにメッセージを表示します。



[はい] をクリックして、編集したファイルを元のアーカイブに保存します。

メモ

  • この機能は、ZIP および ZIPX 形式でのみ機能します。
  • この機能は、TXT や RTF などのドキュメント形式だけでなく、DOC、DOCX、XLS、XLSX、PPT、PPTX、およびその他の MS Office のドキュメント形式でも機能します。
  • ファイルを保存してエディターソフトウェアを終了する前に Bandizip を終了すると、この機能は機能しません。
  • 一部のエディターソフトウェアは、この機能と互換性がない場合があります。

注意

アーカイブ内のファイルを直接編集するときに、エディターソフトウェアの複数のウィンドウを同時に使用すると、Bandizip が編集済みファイルの検出に失敗し、作業が失われる場合があります。

作業がアーカイブに適切に保存されていない場合は、システムの一時フォルダーにある可能性があります。

C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Local\Temp を開き (または %temp% を実行し)、BNZ.xxx フォルダーで作業を確認します。

サンプル

以下は、このヘルプのスクリーンショット例で使用されているサンプルファイルです。