〈 ヘルプ

7z アーカイブ形式

7z形式は、1999年に Igor Pavlov氏によって開発および導入されました。

7z形式で使用されるLZMAおよびLZMA2は強力な圧縮アルゴリズムであり、オープンソース(パブリックドメイン)として公開されているため、IT業界で広く使用されています。

7zの利点

7zは、他の古いアーカイブ形式と比較して、比較的新しいアーカイブ形式です。 従って、この形式にはこれらの高度な機能があります。

  • 7zは、高圧縮率のLZMA / LZMA2圧縮アルゴリズムを使用します。 特に、LZMA2は、マルチスレッドを使用したLZMAの改良されたアルゴリズムです。 CPUコアが多いほど、圧縮速度は速くなります。
  • 高度な暗号化方式(AES256)をサポートします。
  • ファイル名の暗号化をサポートします。 パスワードがなければ、アーカイブ内のファイルの名前にアクセスすることさえできません。
  • 複数の同様のファイルを処理するときの圧縮率を改善する固体圧縮をサポートします。
  • Unicodeファイル名、4GBytesを超える大きなファイルの処理など。

7zの欠点

さらに高い圧縮率を達成するために、7zはヘッダー圧縮を含む様々な方法を使用します。

ただし、これらの機能により、わずかでも破損している圧縮ファイルを復元することはほとんど不可能です。

従って、重要なファイルを7z形式でバックアップするときは、重要なファイルを損傷しないように注意してください。

7z Webサイトで破損した7zファイルを回復する方法に関する情報を見つけることができますが、完全な回復を行うことは専門家にとっても非常に困難です。

もっと詳しく: https://www.7-zip.org/recover.html

Bandizipによって作成された7zの機能

Bandizipは、LZMA SDKに基づく独自の圧縮モジュールを使用して7zアーカイブファイルを作成します。

従って、Bandizipでファイルを圧縮する場合、アーカイブファイルの機能は、次のように7-zipで作成されたファイルの機能と異なります。

  • Bandizipは、単一のソリッドブロックのみで7zファイルを作成します。
  • Bandizipのファイル暗号化は、アーカイブヘッダーを暗号化します。
  • BandizipはLZMA2のみをサポートし、7z形式で使用される他の圧縮アルゴリズムはサポートしません。