ヘルプ
Bandizip と他のアーカイバーとの比較
マルチコア搭載コンピューターでの圧縮
Bandizip の Finder の右クリックメニューの使用方法
Bandizip をデフォルトのアプリとして設定してアーカイブを開く方法
Mac で ALZ および EGG ファイルを開く方法
ここに即時展開
Bandizip で大きなファイルを小さなファイルに分割する方法
アーカイブ内のファイルリストを表示する方法
展開せずにアーカイブを変更する方法
アーカイブのパスワードを設定する方法
アーカイブ内のファイル名の暗号化
アーカイブ内のイメージ、ドキュメント、音楽ファイルをプレビューする方法
削除時にファイルをごみ箱に移動
パスワードマネージャーの使用方法
アーカイブ修復の使用方法
How to use the Password Recovery
トラブルシューティング
文字コード自動検出機能が正しく作動していません
Catalina の Mac Finder がエラー 22 で ZIP アーカイブを展開できない場合の解決方法
分割アーカイブを展開できない場合の解決方法
展開されたアプリファイルを実行できません
アーカイブを開くのに非常に時間がかかります。
ファイルのバッジアイコンが Finder に表示されません。
How to troubleshoot when the Finder displays for external volumes incorrectly in the sidebar
Bandizip をアンインストールできません。
App Store で Bandizip をインストールできません。
App Store から購入した Bandizip の払い戻しをリクエストする方法





〈 ヘルプ

マルチコア搭載コンピューターでの圧縮

マルチコアプロセッサとは

CPU の処理単位はコアと呼ばれ、複数のコアを持つ CPU はマルチコア CPU と呼ばれます。 初期の PC ではシングルコアのみでしたが、最近では、モバイル CPU にもマルチコア CPU が搭載されています。従って、マルチコア CPU 対応は、今日のソフトウェア性能を評価するうえで不可欠な要素なのです。

マルチコア圧縮

Bandizip はマルチコア圧縮に対応しています。データ圧縮には膨大な CPU 処理が必要なため、マルチコアを使用して並列圧縮にすると速度が向上します。



Bandizip は、たとえば 4 コア 8 スレッド CPU では 6 倍高速化でき、8 コア 16 スレッド CPU では 13 倍高速化できます。

これらのイメージは、マルチコア対応の Bandizip と、シングルコアのみを使用する Finder の比較を示しています。




なぜ展開中にマルチコアを使用しないのですか?

Bandizip を使用した圧縮では CPU 使用率が最大まで増加しますが、展開時にはそれほど高くなりません。

これはデータ圧縮アルゴリズムによるものです。ほとんどのデータ圧縮アルゴリズムは、フロントデータを参照する方法を使用して実装されています。この特性のため、圧縮は並行してできますが、並行展開の実行は難しいのです。

圧縮時に CPU 使用率が高くならないのはなぜか

また、圧縮時の CPU 使用率低下という問題があります。圧縮操作は以下のステップを繰り返します。

圧縮するファイルを読み込む (オリジナル・ハードディスク) ▶ 圧縮する (CPU) ▶ アーカイブに書き込む (ターゲットハードディスク)

通常、この手順では圧縮がネックとなるため、CPU 使用率は高くなります。ただし、低速メディア (外部 USB メモリやネットワークドライブ等) を使用する場合には、CPU ではなくディスクI/O がネックとなるため、CPU 使用率が高くならない可能性が生じます。

注意

  • また、100 KB 未満の小サイズファイルを多量に圧縮する場合も、CPU 占有率が高くならないことがあります。
  • 7zipは、ZIP形式でファイルを圧縮するときにマルチコア圧縮をサポートしますが、単一のファイルではなく、複数のファイルに対してのみ機能します。