Honeycam 更新情報 - 2021

v4.02 2021/12/29

  • バグ修正
  • - 高度な画面キャプチャ(DXGI)を使用して全画面を半分または1/4サイズにキャプチャするときのクラッシュを修正しました。 - エクスポート時に進行状況が更新されないバグを修正 - 元に戻すのに時間がかかる場合、進行状況が表示されない不具合を修正

v4.01 2021/12/23

  • メモリ使用量設定の変更
  • メモリを多く占める映像の場合、以前のバージョン(v3.50)と比較して処理速度が遅くなることがあり、修正しました。

v4.0 2021/12/22

  • コラージュ機能の追加

  • 複数の画像を一度にドラッグアンドドロップしてコラージュを作成できます。ヘルプを見る
  • アニメーションファイル挿入機能の追加
  • 複数の映像を追加して、同時再生やアニメーション効果を適用できます。
  • 管理と編集ウィンドウで画像をウィンドウサイズに自動調整する機能を追加する
  • MKVファイルフォーマット読み込み機能を追加(ウィンドウ8以上)
  • フィルター効果:モノクロ効果を追加
  • ユーザーの利便性の向上
  • その他のバグ修正

v3.50 2021/12/17

  • v3.49 アップデート後に拡張スクリーンキャプチャ(DXGI)を使用せずに録画する場合、一部の映像で透明ピクセルがランダムに生成されるバグを修正

v3.49 2021/12/16

  • 改善された画面キャプチャ(DXGI)で画面録画時に設定したFPSで録画にならない不具合を修正
  • FPSが高かったり、デュアルモニタの状況で改善されたスクリーンキャプチャ方式で録画したときに正常に録画されないバグを修正しました。 DXGIを使用すると、60フレーム以上の画面キャプチャも可能です。 DXGIについて質問がある場合は、リンクを参照してください。
  • 起動時に録画ウィンドウを開くオプションを追加
  • JPEG形式で発生するセキュリティの脆弱性を修正

v3.48 2021/11/29

  • 編集ウィンドウで映像再生時に若干ゆっくり再生されるバグを修正
  • 1080pより大きい映像やズーム100%の状態でない場合は、システム仕様によっては実際の時間より遅く再生されることがあります。また、30FPSを超える映像の場合も システム仕様によっては実際の時間より遅く再生されることがあります。
  • 一部の画像でAPNGとして保存するとクラッシュするバグを修正

v3.47 2021/11/8

  • Bandizipカラーコンプレス
  • WEBP、MP4、WEBM、AVIFで保存すると画質80以下の場合に動作し、以前のバージョンに比べて5〜20%程度追加でファイルサイズを縮小します。(特にGIFファイルをWEBPやMP4などに変換 すると効果が良いです。) ただし、一部の映像の場合、画質(Q)が70~80の場合、保存後のファイルサイズが以前のバージョンと比較して2~5%以内に増加することもあります。
  • WebPで保存時に画質を下げた場合に発生する画質低下現象を解決しました。
  • - v3.46バージョンでも、一部の映像で画質値が低くなると四角いブロックや線が発生する問題が発生し、その問題を完全に解決しました。 - 従来バージョンでは映像の暗い領域の変化を正しく反映できない問題があり、修正しました。 - これで画質(Q)50~60程度でも十分な品質のWebP映像を作れるようになりました。
    画質(Q:30)(上:以前のバージョン、下:v3.47)

v3.46 2021/10/25

  • WebPとして保存するときに人工的なブロックまたは線が時々表示されるバグを修正しました。
  • 画質(Q)オプションを下げたときに長方形ブロックが生じる画質の劣化現象を改善しました。(ただし、一部の映像では生成されたWebPファイルのサイズが以前のバージョンに比べ増加することができます。)
    以前のバージョン 画質(Q: 50)
    v3.46 バージョン 画質(Q: 50)

  • 幅または高さの値を0に設定した後、[サイズ変更]ダイアログが表示されないバグを修正しました。

v3.45 2021/9/15

  • 以前のバージョンで開くことができなかったmp4形式のサポートが追加されました。
  • いくつかのビデオで読み込み中のすぐ取り消したとき、クラッシュするバグを修正されました。
  • 動画の一部区間を選択する際、選択した区間を正確に読み込まれないバグが修正されました。
  • 区間選択後ロード時に進行状況がミリ秒(1/1000秒)単位で表示されます。
  • 動画区間閲覧ウィンドウでショートカットSpace(停止/再生)が動作していないバグが修正されました。

v3.44 2021/8/11

  • 一部のアニメーション画像ファイルを開いたときの異常なクラッシュのバグを修正
  • WebP保存時の損失/無損失の自動判断アルゴリズムのバグを修正
  • プログラムの起動速度の改善

v3.43 2021/7/26

  • インポート時にaviファイルが選択されている場合、異常終了することができるバグを修正
  • インポートでは、動画やGIF/ WebPファイルを読み込むことができません。 動画やGIF/ WebPファイルをインポートするには、スタート画面で[編集]ボタンを押して、目的のファイルを選択してください。
  • フレームリストに動画を挿入した場合、区間選択画面が表示されないバグを修正

v3.42 2021/7/26

  • 動画区間選択機能を使用するかどうかの選択機能を追加(環境設定>編集)
  • WebMファイル区間の選択読み込み機能を追加
  • いくつかのMOV形式の読み込み機能を追加
  • XAVC形式のMP4ファイルを開くことができます。
  • 動画区間を選択した後の動画読み込むときプログレス表示のバグを修正
  • フレームカットウィンドウ利便向上
  • 開始、終了フレームを直接入力とマウスホイールで調整機能を追加

v3.41 2021/7/6

  • 動画を開くときにファイルサイズが大きい場合は、範囲選択ダイアログボックスが表示されます。

  • 基準ファイルサイズの設定は、環境設定(F5)>編集設定で変更することができます。
  • 様々な動画フォーマットをサポート(AVI、ASF、WMV)
  • ビデオファイルをドラッグアンドドロップするだけで開きます。
  • 動画の読み込み速度の改善

v3.40 2021/6/22

  • AVIFフォーマットの読み込みと保存機能を追加

  • WebP iPhoneの互換性モードを保存ウィンドウで変更できるように修正
  • iPhoneの互換モードを使用した場合とない場合の生成されたWebPファイルサイズの違いをすぐに確認することができます。

  • 画像のサイズを変更/回転ダイアログ、使いやすさの改善
  • ウィンドウの位置を記憶する、設定内容を保存する機能が追加されました。
  • デフォルトのトリミング領域を設定するためのオプションが追加されました。(環境設定 > 編集設定)

  • 録画ウィンドウを移動時に方向キーキーボードアクセラレータを使用するかどうかのオプションを追加(環境設定>録画)
  • 録画ウィンドウサイズプリセットの編集機能を追加

  • トリミング画面でトリミングツールサイズ設定0〜9番ホットキー機能を追加
  • 0〜9番の設定値は、録画ウィンドウのサイズと同じです。
  • 編集画面で選択されたフレームを合わせて、マージ機能を追加(ショートカット:Ctrl + Q)

  • 選択したフレームの10%速く/遅くポップアップメニューを追加
  • その他のバグ修正及び安定性改善

v3.39 2021/6/2

  • GIF保存時に画像サイズを減らすオプションを49%以下に指定した場合、色が割れバグ修正
  • 保存ウィンドウでフレームを減らすオプションを選択した場合、クラッシュが発生するバグを修正
  • 画像のサイズ変更時の半透明画像の場合アルファ値が正しく処理されないバグを修正

v3.38 2021/5/31

  • WebPの保存時に、iPhoneの互換性オプションを追加(環境設定 > WebP)
  • iPhoneのも正常に再生されるWebPを作成することができます。 ただし、WebPファイルサイズが従来比増加します。 (ヘルプページを表示 )
  • v3.37アップデート後の画像縮小時のイメージの品質が悪くなるバグの修正
  • トリミング(Crop)領域を保存するオプションを追加
  • ビデオ要約のボタンが動作しないバグを修正
  • 編集画面で現在選択されているフレームに対して Ctrl+C および Ctrl+V ホットキーが機能しないバグを修正しました。
  • MP4に保存時に画像のサイズを減らすオプションを使用している場合、保存されたmp4ファイルの上下がひっくり返るバグ修正
  • AVCコーデックでエンコードされた一部のMP4ファイルを開かない問題を修正

v3.37(0.1) 2021/5/26

  • 更新後の異常なクラッシュのクイックフィックス
  • クラッシュが発生した場合は、Honeycamをこのバージョンに更新してください。

v3.37 2021/5/25

  • 映像のサイズを変更(リサイズ)速度大幅改善
  • 保存時にプログレスバーを画像に埋め込むことができます。
  • 新しいフィルタ効果の追加(アスキー効果、版画効果)
  • ノイズリダクションフィルタを追加
  • テキストと画像の透かし関連のバグを修正
  • 頻繁に使用されるフィルタ効果が上向きに配置されるように変更
  • 録画終了後に表示される保存ウィンドウの位置を覚えてオプションを追加(環境設定 > 全般設定)
  • JPGファイルの書き出し画質設定機能を追加(環境設定 > 編集設定)
  • 開始画面でショートカットCtrl + V(貼り付け)をすると、現在クリップボードの画像が追加され、編集画面に入ります。
  • コーデックがqtに指定されたMP4ファイルを読まない問題を修正
  • 領域切り取り画面で切り抜きツールの使用時に矢印キーで移動とサイズ変更する場合は、キーボードアクセラレータ機能を追加
  • Shiftキーを押しながら矢印キーを一緒に押して、切り抜きツールのサイズ変更が可能です。

v3.36(0.1) 2021/4/27

  • スキンファイルを正常にロードできない場合は、エラーメッセージの出力するように修正
  • v3.36アップデート後の異常終了した場合Honeycamを完全に削除した後、再インストールしてください。

v3.36 2021/4/26

  • 画面の一部分を拡大して示してズームアニメーション機能を追加
  • (ヘルプページを表示)
  • 境界と衝突するとトリミング領域が小さくなるバグを修正しました。
  • サイズ変更時の画像枠に細い線が見える現象を修正
  • 録画中、方向キーによる録画ウィンドウの位置を移動防止オプションを追加 (環境設定 > 録画設定)
  • フィルター効果の適用中のメモリ不足時の断続的クラッシュするバグを修正
  • その他のバグ修正及び安定性改善

v3.35 2021/3/19

  • 既存のGIFとして保存画像を再GIFとして保存するときの量子化をしていないオプションを追加

  • このオプションを使用すると、GIFで保存されていた画像の一部のフレームのみが削除後に再GIFとして保存しても、ファイルサイズが大きくなったり、画質に変化が生じることを防ぐことができます。 詳細については、ヘルプをご覧ください。
  • 一部のPCで間欠的に回転、サイズ変更時にクラッシュが発生するバグを修正
  • 一部のPCで間欠的に領域トリミング、フィルター効果を適用時にクラッシュが発生するバグを修正
  • 作業進行中キャンセルしたとき、「Internal error occurred!」というメッセージが表示されるバグを修正
  • その他のバグ修正及び安定性改善

v3.34 2021/3/10

  • 編集ウィンドウで、50%、100%、200%以外のズーム状態のときに、再生速度がv3.32バージョンに比べ遅くなっバグ修正
  • サイズ調整/回転 ダイアログボックスで、左右対称、上下対称にならないバグを修正

v3.33 2021/3/8

  • ユーザーフレームを追加機能とフレームエフェクトの設定保存機能を追加
  • 全体の設定をファイルにエクスポート機能を追加(環境設定>詳細設定)
  • サイズを大きく変更した後WebPに保存時にファイルのサイズが異常に増加するバグ修正
  • ズーム範囲の拡大(10%~400%) (但し、50%、100%、200%以外のズームでは、再生速度が遅くなる場合があります。)
  • フィルタ、描画、フレーム効果の適用時の処理速度の向上
  • 10,000以上のフレームを作成または編集することはできないバグを修正
  • 領域切り取り関連機能の改善(トリミングツールの場所の指定が簡単になりました。)
  • ドラッグ&ドロップならない状況で、マウスカーソルがドロップ可能に表示されるバグを修正
  • その他のバグ修正及び安定性改善

v3.32 2021/1/13

  • フィルタ効果のマルチフィルタ選択機能を追加
  • [効果]タブで、フィルタ値を直接入力機能を追加し、設定を保存する関連のバグを修正
  • [効果]タブのフィルタ設定値の保存と読み込み機能を追加(10個まで可能)
  • トリミング(Crop)タブに端透明な領域の自動カット機能を追加
  • 録画ウィンドウで現在の位置を記憶と記憶された位置に戻るのショートカットをそれぞれCtrl + Shift + G、Ctrl + Gキーに変更
  • フレーム時間の変更時に秒の代わりにFPS指定機能を追加
  • 水平方向または垂直方向のサイズが9000ピクセル以上の超大型画像処理の際、異常終了するバグを修正
  • ドラッグ&ドロップで複数の画像を読み込む場合は、最初のフレームが最後に位置するバグの修正
  • WebMファイルがUnityでimportされない問題を修正
  • WebM保存オプションに透明の動画保存するかどうかのオプションを追加(透明領域が透明に保存されていない場合は、オプションを「アルファチャンネルを保存するかどうかを自動選択」に変更してください。)
  • li その他のバグ修正及び安定性改善